読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉松章のブログ

つまらなきこの世の中をおもしろく。日々の思考を書き連ねて。

「成功ジャンキー」より「失敗ジャンキー」になっていたい。「成功哲学」不要論。

f:id:yoshimatsu-akira:20150507014845j:plain

 「成功ジャンキー」より「失敗ジャンキー」になっていたい。「成功哲学不要論

成功哲学」「必ずうまくいく○○」「できる人はやっている」みたいな言葉が並び、踊っている。

 

書店に行くと、自己啓発本等のタイトルに大体そんな文言が載っている。ネットのノウハウとか。

 

あなた(著者)にとって成功でも、他人から見たら失敗かもしれないし、自分で苦労して自分なりの方法論を編み出してやってみた(成功しても失敗しても)ほうが、豊かな気がする。

 

 先日初めて、私は、沖縄にほぼノープランで行ったのだが、楽しかった。

行ったことがなかったので、最初はガイドブックを見ながらだったが、別に何をどうこうする旅ではなかったので、途中からガイドブックは見なくなった。道がわからなくなれば、人に聞いたり、町の案内を見たりして、探索そのものを楽しんでみた。

 

バスでの移動が主だったが、バスが時刻表通り来ない(道路事情というより、県民性?)ので、待合室や停留所のベンチで一緒に待っている人と話したり。

 

効率は悪いのかもしれないが、自分自身で、行く道や過ごす時間を作っている感じがして、面白い。

 

f:id:yoshimatsu-akira:20150507235836j:plain

 

風が気持ちよくて、海が抜群に綺麗で、地元の人達はみんな優しかった。(たまたまかもしれないけど。なんかもう優しいオーラがみんな普通に出ちゃってる。ガイドブックには人となりまでは載ってない。)

 

若造の私を気の毒に思ったのか、ソーキそば屋のおばちゃんは、ジューシー(炊き込みごはん)をサービスしてくれ、

初乗り500円という昭和価格のタクシー運転手さんは、家に帰るついでだから~と一時間近くの距離を2000円にまけてくれた。(二時間かけて、夕方五時過ぎに平和記念公園に行ったら施設が閉まっていて、土砂降りの雨の中、途方に暮れていたら、この運転手さんが助けてくれたのである。)

 

安宿に泊まった時、宿の主人と一緒に朝ごはんを2時間かけて食べた。

(ふーちばー(ヨモギ)の味噌汁がうまかった!)

食べながら、飲みながら、お茶を飲んで。話をして。

 

やんばる(沖縄本島北部。)のほうに行った際は、宿を取っていなかったので、野宿。

闇の中で、鳥だかなんかの甲高い声や、ゴソゴソと森の中から聞こえる音に恐怖し、うるさい蚊とも戦い、時間も分からず(腕時計はなく、携帯の電池も切れていた)、突然のスコールのような雨に、東南アジアか?とか思いながら、一晩を公園の一角にあった東屋で過ごした。

 

熟睡こそできなかったが、すがすがしい気持ちとともに、朝日を迎えた。

 

離島(久高島)に行った際は、天気が良かったので、昼は海を、夜は星空をずっと眺めていた。

 

 

 事前にどこに行って、ここの宿に泊まるとか決めていたら、この体験はできなかった。

 

こうするとうまくいく、ということではなく、

失敗するかもしれないけど、あなたにしか出来ない(作れない)ことを追及していくことは楽しいと思う。

自分だけの思考や思想、体験を持っている人は素敵だ。

 

「成功」するためだけに、人間は生まれてきたのではない。

 

ハッピーバースデイ。